FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
大きなヤマ場 / EU首脳会議 (上)
2011-12-06-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 重大な4つの議案 = EU(ヨーロッパ連合)27か国の首脳は今週8-9日、ベルギーのブリュッセルでユーロ圏の命運を左右する重要な会議を開く。逆巻く財政・金融不安を鎮静させるため、この首脳会議が検討する主な議題は①各国の予算作りを監視・介入する制度②共同債券の発行③EFSFの拡充④ECBの国債購入--の4つ。どこまで合意できるかによって、不安は縮小するのか、逆に拡大してしまうのかが決まるだろう。

ギリシャに端を発した財政・金融不安は、ユーロ圏の基本的な欠陥をさらけ出した。共通通貨を流通させ金融政策は統一したが、財政政策は各国に任せたことである。このため強い通貨を持って借金をしやすくなったギリシャなどが、安易に国債を増発。これが大問題を惹き起こす原因になった。このことを反省してEUはこんどの首脳会議で、財政に関する2つの対策を検討する。

EU各国は現在も財政協定を結んでいる。その内容は「毎年の財政赤字をGDPの3%以内に」「累積債務をGDPの60%以内に」収めるというもの。しかし罰則規定はなく、ほとんど守られていない。そこで今回は、EU執行部が加盟国の予算編成を監視したり、介入できるような法律を作ってしまう。各国政府は予算案を自国の国会へ提出する前にEU理事会に提出。これをEUが審査し、修正させる権限を持つようにする。

もう1つは、各国が国債の発行を止めて、EUが共同で債券を発行する案。これなら27か国が全体の信用で発行できるから、市場の不安を抑えることができる。具体的には、全部の国債をこの共同債に切り替えるか、あるいは一部だけを切り替えて、残りは従来どおり各国が個別の国債を発行する案などが準備されているという。


                                 (続きは明日)

    ≪5日の日経平均 = 上げ +52.23円≫

    ≪6日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.