FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
大きなヤマ場 / EU首脳会議 (下)
2011-12-07-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 市場にインパクトがあるかどうか = あと2つの議題は金融政策に関するもの。1つはEFSF(金融安定化基金)の拡充。EFSFというのはギリシャの混乱を収めるため、EUが10年5月に作った資金援助の基金。融資能力4400億ユーロで発足したが、いまは2500億ユーロしか残っていない。そこで基金の能力を1兆ユーロにまで引き上げる計画だ。

もう1つの金融問題は、ECB(ヨーロッパ中央銀行)による国債の買い入れ。現在もECBはスペインやギリシャの国債を買い支えているが、その額は少ない。これはEUの基本条約で「中央銀行による財政支援を禁じている」ため。そこで基本条約を改正し、ECBが無制限に各国の国債を買えるようにしようという案だ。

これら4つの議案のなかで、EU首脳会議がすんなり承認しそうなのは各国予算に対する監視・介入権だけ。またEFSFの拡充についても合意できそうだが、融資能力が1兆ユーロに達するかどうかは微妙。さらにECBによる国債購入については、多少の増額は認めても無制限買い入れはムリだろう。共同債の発行にいたっては、ドイツの強硬な反対もあって実現は困難だ。

仮にこうした予想通りの結果になると、市場は失望するのではないか。そうなると6か国中央銀行の協調ドル融資でいったん下火になったヨーロッパの債務危機に、再び火が付いてしまう。要は結果が市場にインパクトを与えることが肝要だ。EU首脳会議が“隠し玉”を持っていることに期待したい。


    ≪6日の日経平均 = 下げ -120.82円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.