FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 綱渡りの ユーロ圏 ⑥
2011-12-10-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ <波及②>不安国はすべて政権交代 = いまヨーロッパで問題になるほどの過剰債務を抱えているのは5か国。発端になったギリシャのほかに、ポーランドとスペイン、イタリア、それにアイルランド。今年末に予想される公的債務の対GDP比率でみると、スペインは69.6%だが、あとの4か国はいずれも100%を超えている。

驚いたことに、この5か国すべての政権がことし交代した。ギリシャとイタリアでは内閣が総辞職。あとの3か国では総選挙が行われた。その結果はいずれも現職が敗退、野党が政権を握っている。どの国でも有権者が、財政を破綻させ経済をダメにした政府・与党を厳しく批判したためだ。

新政権はみな財政の立て直しを最優先課題としており、厳しい緊縮政策を実行する構えだ。その結果は景気をさらに下降させ、失業を増大させると予想される。国民がその試練に耐えられるかどうか。もし耐えられなければ、政権はまた崩壊する。政治も経済もガタガタになってしまい、財政再建は困難になるだろう。

仮にスペインやイタリアまでがその状態に陥り、国債を発行できなくなると、問題は一気に拡大しかねない。ベルギーやフランスも巻き込まれる危険度は高い。EUも対策を講じられなくなり、ユーロ圏は存続できなくなってしまう。したがって、財政・金融不安の大波をどこで食い止められるか。当面、最大の注目点はそこにある。


                             (続きは来週サタデー)

    ≪9日の日経平均 = 下げ -128.12円≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝3敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.