FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日銀短観にみる 復旧・復興需要 (上)
2011-12-20-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 東北6県は急浮上 = 日銀は先週、12月の企業短期経済観測調査を発表した。それによると、大企業・製造業の業況判断DIはマイナス4となり、前回9月調査よりも6ポイント悪化した。ただ非製造業は、大企業・中堅企業・中小企業のすべてで3-5ポイント改善している。こうしたなかで東北地方6県の業況判断DIは、製造業、非製造業ともに大きく改善したことが目立っている。

「現在の業況は3か月前に比べて良くなっているか、悪くなっているか」を企業に聞いているのが、日銀の短観。今回は11月14日からの1か月間に、全国1万0846社を対象に調査した。その結果「良い」と答えた比率から「悪い」と答えた比率を差し引いた数字が、業況判断DIとして発表される。

大企業・製造業の業況判断DIが6ポイントも低下したのは、電機の不振が大きく響いている。電機業界の業況判断DIは前回よりも16ポイント悪化して、マイナス21に落ち込んだ。また非鉄や石油・石炭も大幅に低下。世界的な景気の低迷と円高の影響が大きい。ただ自動車は7ポイント改善してプラス20に。震災のためにストップしていた部品の供給が回復、積み残し需要が貢献した。

非製造業の改善も、震災の影響が収まったことを反映している。個人の買い控えが解消、旅行などへの支出も平常化した。特に宿泊・飲食サービス業は16ポイントも改善した。また建設業も復旧需要の恩恵で3ポイントの改善をみせている。ところが3か月先の見通しになると、製造業も非製造業も7ポイントの悪化を予想。これは復旧予算を消化したあとの“タマ切れ”を心配した結果のように思われる。


                                    (続きは明日)

    ≪19日の日経平均 = 下げ -105.60円≫

    ≪20日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.