FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
またバラマキ! 第4次補正予算
2011-12-22-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 木を見て 森を見ず = 政府は20日の閣議で、第4次補正予算案を決定した。年明け早々の通常国会に上程、成立させる方針。歳出規模は2兆5345億円。エコカー補助金の復活に3000億円、中小企業の資金繰り支援に7413億円、TPP(環太平洋経済連携協定)参加をにらんだ農業対策費1574億円、70-74歳の医療費窓口負担を1割に据え置くための経費2719億円などが主な支出内容だ。

補正予算が1年に4回も作成されるのは、大震災があったためで仕方がない。これで11年度の一般会計歳出額は、合計107兆5000億円と過去最大に膨れ上がった。財源は税収が当初見積もりを上回った分1兆1030億円、それに国債の利払い費が予算を下回った分1兆2923億円などで賄い、新規の国債発行はしない。

一見すると、支出内容はエコカー補助金にしても中小企業対策にしても、時宜に適した非常に結構な政策だ。この1つ1つの政策については、反対する意見も出ないだろう。しかも天から授かったような財源を使い、新規の国債発行もしない。自民党も、文句の付けようがないのではないか。

だが大所高所から眺めてみると、別の考え方が出来る。第3次補正予算では、災害復興費として9兆円あまりを組んだ。しかし、それで足りるのだろうか。2兆5000億円もの財源が湧き出したのなら、復興費の不足に備えて確保しておいた方が賢明だったのではないか。具体的には来年度予算の財源に充当し、それだけ国債発行額を減らしておけばいい。目先は誰も反対しにくい政策を並べ、あとで国民の負担となって跳ね返る。4次補正も、やはり民主党が得意のバラマキではないだろうか。


    ≪21日の日経平均 = 上げ +123.50円≫

    ≪22日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.