FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
アメリカ経済にいい兆候
2006-10-19-Thu  CATEGORY: 政治・経済
アメリカ経済にいい兆候が重なって出ている。9月の卸売物価は7か月ぶりに下がり、前月比で1.3%の下落。また消費者物価も9か月ぶりのマイナスで、前月比0.5%の低下となった。

いずれも原油価格が大幅に下落したためだ。この結果、心配されたインフレ圧力がはっきり弱まったと言えるだろう。

その一方で、このところ減少を続けていた住宅着工件数が持ち直した。9月は前月比5.9%の増加だった。これで景気が急速に落ち込む心配も遠のいたと言えるだろう。

軟着陸を目指すアメリカ経済にとっては、これ以上は望めないほど好ましい兆候が出たことになる。当然ながらダウ平均は上昇、初の1万2000ドルに到達した。

もちろん、これだけの数字で安心するわけにはいかない。しかし、いまの時点でこれだけ好ましい数字が出揃ったことは素直に評価すべきだろう。

   ≪19日の日経平均 = 下げ≫

   ≪20日の日経平均は? 予想=下げ

Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.