FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-01-16-Mon  CATEGORY: 政治・経済
週末にまた、嫌なニュースが飛び込んできた。アメリカの格付け会社S&Pがフランスなどの国債を格下げするという予測記事が流れ、その数時間後には実際に引き下げが発表された。このため欧米市場の株価は一斉に値下がりしたが、下げ幅は比較的小さかった。13日のダウ平均は49ドル、ロンドンのFT100も26ポイントの下落にとどまっている。ダウ平均は週間62ドルの上昇に終わった。

日経平均は週間110円の値上がり。格下げのニュースが流れる前に市場が閉じたため、週末の終値は8500円を確保することができた。ただ国債格下げの影響でユーロが売られ、1ユーロ=97円20銭の円高になっている。先週も兜町ではユーロ安が嫌気されてヨーロッパ関連株が売られていたが、この流れは今週も尾を引きそうだ。

野田改造内閣が発足して「社会保障と税の一体改革」の実現へ向けての体制が整った。しかし市場は、政治のこの動きにあまり反応していない。政治に関心がないというよりも、関係者の間では「消費税の引き上げは困難だ」との見方が強いという。それよりも解散があるかどうか、その時期は何月か。そちらの方に強い関心があるそうだ。

今週は16日に、11月の機械受注と12月の消費者動向調査。17日に、11月の第3次産業活動調査。20日に、11月の全産業活動調査が発表される。アメリカでは18日に、12月の生産者物価と工業生産。19日に、12月の消費者物価と住宅着工戸数。20日に、12月の中古住宅販売戸数が発表になる。中国が17日に、昨年10-12月期のGDP速報を発表の予定。また20日はスペインの国債入札予定日。


    ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.