FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
大幅に落ち込んだ景気動向指数
2007-04-10-Tue  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が発表した2月の景気動向指数は、予想をはるかに上回る大幅な落ち込みとなった。まず景気の現状を表わす一致指数は16.7%に。前月の45.0%から一段と低下した。この水準は、01年12月の0.0%以来の低さである。これで1-3月の景気は、いわゆる「踊り場」状態だったとみて間違いないだろう。

一致指数の内容をみると、プラスだったのは製造業の所定外給与(残業料)だけ。前月はプラスだった生産財出荷、大口電力使用量、製造業・中小企業の売り上げがマイナスへ。また鉱工業生産も保ち合いからマイナスへと変化してしまった。

数か月先の景気を示す先行指数も、前月の40.9%から30.0%に低下した。これで先行指数は4か月連続で50%を割っている。遅行指数は前月の70.0%から、なんと0.0%に落ち込んだ。3つの指数がこれほど悪化したことは、過去にもあまり例がない。

ところが、株式市場は全く気にしなかった。週明け9日の日経平均は260円も上昇している。これは1-3月の「踊り場」はすでに織り込み済みで、4月以降の再上昇に期待しているのか。それともアメリカの雇用統計がよく、日本の景気動向統計が悪かったことから、ドル高・円安を見込んで買ったのか。 後者の色合いが濃いが、素直には呑み込みにくい論理ではある。

    ≪10日の日経平均 =下げ≫

    ≪11日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.