FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-01-30-Mon  CATEGORY: 政治・経済
東京の株式市場が正常な状態に戻りつつある。東証1部の売買代金が1兆円台を回復、日中の値幅も拡大してきた。外国人投資家の買い越し額も増えており、1月は昨年4月以来の大きさになる見通し。ただ日経平均は昨年10月末の水準に近づいたため、利益確定の売り圧力も強まっている。先週は75円の値上がりにとどまった。

ニューヨーク市場も似たような状況にある。ダウ平均はリーマン・ショック後の高値に接近したため、利食い売りが先行した。先週は60ドルの下落。値下がりはしたものの、基礎的な環境は悪くない。ヨーロッパ情勢は小康状態を続けているし、アメリカ自身の経済見通しも少しずつ好転している。

日米両市場ともに、利食い売りのカベを突き破るためには好材料が欲しいところ。アメリカでは続々と発表されている企業決算と、今週発表される1月の雇用統計が好調ならば、株価の一段高が期待できる。そうなれば日本の株価も引きずられるだろう。ただし日本の場合は、円高・ドル安がこれ以上は進まないことが条件になる。

今週は31日に、12月の労働力調査、家計調査、鉱工業生産、住宅着工戸数。1日に、12月の毎月勤労統計、1月の新車販売。アメリカでは31日に、12月のSPケースシラー住宅価格、1月のコンファレンスボード消費者信頼感指数。1日に、1月のISM製造業指数、1月の新車販売。そして3日には1月の雇用統計と1月のISM非製造業指数が発表になる。


    ≪30日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.