FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
予想以上に減少した機械受注
2007-04-11-Wed  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が11日に発表した2月の機械受注統計。船舶・電力を除く民間需要分は前月比5.2%の減少だった。市場の事前予測値は平均で0.2%の減少だったから、これを大きく上回る減り方である。じっさい減少率としては、04年10月の9.9%減少以来の大きさだった。

しかし内閣府では、機械受注の動向は「一進一退」という基調判断を変えていない。だが内訳けをみると、製造業が9.0%の減少、非製造業は0.1%の増加。製造業では特に自動車などの輸送機械が68.7%、紙パルプが43.3%と大きく減少した。この大きな変動を「一進一退」で片付けてしまっていいものかどうか、ちょっと気になる。

機械受注統計は、設備機械メーカー280社が受注した金額を集計したもの。受注した設備機械は6か月ないし9か月後に納入されるから、設備投資全体の先行指標として利用され、精度も高い。変動の大きい船舶と電力を除いた分が、一般的に使われている。

機械受注額は昨年12月が前月比3.8%減、本年1月が2.6%増だった。そして2月が5.2%減。ここから見る限り、ことしの後半は企業の設備投資が景気を力強く引っ張るという形は想像できない。3月以降の数字が注目される。

    ≪11日の日経平均 = 上げ≫

    ≪12日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.