FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
居直ったギリシャ? / 長引く債務問題 (上)
2012-02-09-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 2か月を超えた攻防 = 「月内には」「次の会議では」「あと数日で」--こんなニュースが何度も流れたが、ギリシャの債務軽減問題はまだ決着をみない。ギリシャ政府と民間金融機関側との交渉は、もう2か月を超えている。今月の20日ごろまでに交渉がまとまらないと、ギリシャは3月20日に予定される145億ユーロ(約1兆4500億円)の国債償還ができなくなる。時間はもうない。

EU首脳は昨年10月、ギリシャの財政負担を軽減するため民間に対する債務の50%カットを決断した。この決定を受けて、ギリシャでは11月にパパデモス前ECB(ヨーロッパ中央銀行)副総裁を首班とする大連立内閣が発足。国内で緊縮政策を進める一方で、ギリシャ国債を保有するヨーロッパの主な金融機関との間で具体的な債務の削減交渉を始めた。

ところが、そこで新たな問題が持ち上がった。ギリシャの財政状態が、当初の予想より悪化したことが判明したのである。EU当局の調査によると、ギリシャの債務総額がGDPに占める比率は、昨年9月末時点で159.1%に。3か月間で4.6ポイント悪化した。これでは債務を50%削減しても、ギリシャは財政再建ができない。

そこでEU首脳は、民間金融機関側に削減率の拡大を受け入れるよう要請。その一方でギリシャに対しては、もっと厳しい緊縮政策を実行するよう要求した。しかし金融機関側もギリシャ政府も難色を示し、今日にいたっている。あと10日あまりのうちに、この2つの問題を解決できるかどうか。仮にできないとすると、ギリシャはデフォルト(債務不履行)に追い込まれる。


                                 (続きは明日)

    ≪8日の日経平均 = 上げ +98.07円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.