FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
もう “格下げ” は怖くない ?
2012-03-09-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ これ以上は落ちないギリシャ = 大手格付け会社ムーディーズは先週2日、ギリシャ国債の格付けを「C」に引き下げた。「C」は21段階ある格付けのいちばん下で、デフォルトを意味する。つまりギリシャは“倒産”して、国債の元本が支払えなくなったと査定したに等しい。だが、このニュースはあまり報道されなかった。市場もほとんど反応していない。

09年5月に財政赤字の粉飾が露呈してから、ギリシャ国債の格付けは急坂を転げ落ちるように下がり続けた。そのたびに世界経済は動揺し、株価は下落した。そして今回の格下げで、ギリシャ国債はとうとう最低のランクに。これ以上もう落ちることはない。そんな不思議な“安心感”が、市場に広がったのかもしれない。

もちろん、その背景には多くの関係者が「ギリシャ政府のデフォルト」をすでに覚悟したことがある。いま残っている問題は、ギリシャ国債を抱えた金融機関が70%超の民間債務削減を受け入れるかどうかだけ。それも一両日中には、はっきりするだろう。あとはギリシャ政府がEUやIMFと約束した財政緊縮政策を実行できるかどうか。EUやユーロ圏にとっては重大な案件だが、どう転んでも市場に対する影響は薄れるのではないだろうか。

ではヨーロッパの財政・金融問題は終息するのかというと、そうはいかない。ポルトガルやスペインでまたギリシャと同じことが起きれば、世界経済は再び不安に包まれる。だからEU首脳はポルトガルやスペイン、あるいはイタリアに対する強力な防衛策を早く構築してもらわなければ困る。“格下げ”の亡霊が暴れることのないように、お願いしたいものだ。


    ≪8日の日経平均 = 上げ +192.90円≫

    ≪9日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.