FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-03-19-Mon  CATEGORY: 政治・経済
日米の株価が、ともに新しいゾーンを確保した。日経平均は先週14日、7か月半ぶりに終り値で10000円の大台を回復。その後も大台のキープに成功した。週間では200円の値上がり。これで6週間の連騰となり、震災直前の水準まであと300円に迫っている。市場では月内1万2000円の声さえ聞かれ始めた。ジャスダックと東証2部の株価は、すでに震災前の水準を回復している。

ニューヨーク市場も好調だ。ダウ平均は13日、4年2か月ぶりに1万3000ドル台を回復。こちらも大台固めに成功した。週間では311ドルの値上がり。同じ日、アップルなどのIT企業に先導されて、ナスダック株価指数は11年3か月ぶりに3000の大台を回復した。日米市場ともに、大型ヘッジファンドの買いが目立ったという。

ただ株式市場の周辺では、やや異常な動きも目立ち始めた。まず原油価格の高騰。ニューヨーク市場では、WTIの先物価格が1バレル=106ドル台に上昇、10か月ぶりの高値となった。また為替市場では円が大幅に下落。11か月ぶりに1ドル=83円台にまで反落した。ことしの高値から1か月半で8円も値下がりしている。さらに国内では長期金利が3か月半ぶりに1%を超えた。原油・円相場・長期金利の動向は、今週も要注意である。

今週は21日に、1月の全産業活動指数。22日に、2月の貿易収支。赤字の減り具合に注目が集まる。アメリカでは20日に、2月の住宅着工戸数。21日に、2月の中古住宅販売。22日に、コンファレンスボードの2月の景気先行指数。23日に、2月の新築住宅販売戸数が発表される。また20日はギリシャの国債償還日だが、EUによる支援が完了しているので、大きな問題は起こらないだろう。


    ≪19日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.