FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-05-07-Mon  CATEGORY: 政治・経済
フランス大統領選挙の決選投票、それにギリシャの総選挙。先週はその結果と影響が重くのしかかった。加えて4月の雇用統計が予想よりも悪い。これで強気を貫いてきたニューヨーク株式市場も、先週は一服せざるをえなかった。ダウ平均は週間190ドルの値下がり。それでも1万3000ドル台は死守している。

東京市場は連休の谷間。さらに円高と夏の電力不足という不安要因が重なった。日経平均は2日間の営業日で141円の値下がり。終り値は9400円を割り込み、2月中旬以来の安値に戻ってしまった。これまでに発表された企業の3月期決算は、そんなに悪くはない。だが市場を取り巻く環境は重苦しく、株価は決算内容を吸収し切れない。

今週は市場がフランスとギリシャの選挙結果を評価することになる。財政再建の遅れに不安が集中するのか、それとも新しい政治勢力の現実的な再建策に期待するのか。またアメリカでは再びFRBによる金融緩和の追加に関心が向くと考えられるが、これが株価をどの程度まで引き戻すのか。

今週は9日に、3月の景気動向指数。10日に、3月の国際収支と4月の景気ウォッチャー調査が発表される。アメリカでは10日に、3月の貿易統計。11日に、4月の生産者物価とミシガン大学による5月の消費者信頼感指数。また中国が10日に、4月の貿易統計。11日に、4月の消費者物価、生産者物価、鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資額を発表する予定。


    ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.