FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
軟着陸に成功 : 中国経済 (上)
2012-05-15-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 落ち着いてきた物価 = 中国人民銀行は今週18日から預金準備率を0.5%引き下げると発表した。預金準備率というのは、中央銀行が市中銀行に対して強制的におカネを預け入れさせる仕組み。今回の引き下げで、市中の商業銀行は与信力が約4000億元増加すると計算されている。消費者物価が順調に下がってきたことを踏まえた措置で、中国が金融引き締め政策から緩和政策に軸足を移しつつあることを示している。

国家統計局が発表した4月の消費者物価は、前年同月に比べて3.4%の上昇にとどまった。3月の上昇率より0.2ポイント低下している。このうち食料品は7.0%の上昇でまだ高いが、3月の7.5%よりは低くなった。たとえば最も重要視される豚肉は3月の11.3%上昇から、4月は5.2%上昇に下落している。また4月の工業品卸売物価は、前年比0.7%のマイナスとなっている。

こうした物価の落ち着きは、国内の経済活動が鈍化したことの現れでもある。統計局の発表によると、4月の鉱工業生産は前年比9.3%の増加。予想を大きく下回り、リーマン・ショック後の09年5月以来3年ぶりの低い伸びとなった。軽工業は10.3%伸びたが、重工業は8.9%の増加にとどまっている。

このほか4月の小売り売上高は14.1%の増加。11年の17.1%に比べると、かなり鈍化した。対外貿易面では、もっとはっきり鈍化の傾向が現れている。税関総署の発表によると、4月の輸出は前年比4.9%の増加だった。11年の20.3%増に比べると激減している。輸入も0.3%の増加にとどまった。中国は加工・組み立て型の産業が中心だから、生産活動が落ちると輸出入額が減ってしまう。


                                 (続きは明日)

    ≪14日の日経平均 = 上げ +20.53円≫

    ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.