FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
緊縮と成長の両立 / 至難のわざ (上)
2012-05-29-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 政治家が抱く幻想? = 世界中の政治家が「財政の緊縮と経済成長の両立」をお題目のように唱え始めた。ワシントンで開かれたG8(主要8か国)首脳会議でも主要な議題となり、会議がまとめた宣言では「ヨーロッパの信用不安問題に対して、財政再建を進めながら経済成長も求めること」を確認した。野田首相もこの流れに乗って「消費増税と2%成長を両立させる」と意気込んでいる。

火付け役は「財政緊縮プラス成長政策」をスローガンに掲げて当選したフランスのオランド新大統領。緊縮だけでは景気が悪くなるばかり。成長政策も必要だという主張には、フランスだけでなく不況に悩むイタリアやスペイン、ギリシャの国民も共鳴した。アメリカでは緊縮至上主義の共和党に対抗するため、オバマ大統領がこの路線を支持している。

だが、どうすれば財政再建と経済成長を同時に達成できるのか。実際問題として、そんな“玉手箱”は存在しないのではないか。G8の共同宣言をみても、成長の手段としては教育や公共事業、それに貿易の自由化などを並べただけ。新味のある方策は、なにも書かれていない。

しかも政治家が頭に描いている方法論は、バラバラのように見受けられる。たとえばオランド大統領は、財政支出の増加で経済に刺激を与えることを考えている。ところがドイツのメルケル首相は、労働市場などの自由化を進めることで成長を加速すべきだと信じているようだ。緊縮と成長の両立は、政治家の”幻想”にすぎないと言ったら言い過ぎだろうか。


                                   (続きは明日)

    ≪28日の日経平均 = 上げ +12.76円≫

    ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.