FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-06-04-Mon  CATEGORY: 政治・経済
5月の株式市場は散々だった。日経平均は5月中、5週間すべて下げ。月間では978円の値下がりだった。下落率は10.3%に達し、大震災があった昨年3月の下落率8%を上回っている。先週は140円の値下がり。ダウ平均も5月中は835ドルと大きく下落した。先週は336ドルの値下がりで、終り値はことしの最安値に。ヨーロッパやアジアの株価も、軒並み大幅に下げている。

最大の原因は、やはりヨーロッパの信用不安。ギリシャ再選挙の結果が不明なうえに、スペインの金融不安にも火が付いた。加えて世界経済全体が、下向きの動きを見せ始めている。中国や東南アジア諸国、インドやブラジルなども経済活動が鈍化。順調だったアメリカの景気回復にも、腰折れの兆候が出始めている。

こうした環境の変化で、投機資金が日本の円と国債に集中してきた。円の対ドル相場は77円台に、対ユーロ相場は95円台まで買われている。この円相場は、ユーロが実際に流通し始めて以来の最高値。また10年もの国債の利回りは先週、一時0.805%まで低下した。8年11か月ぶりの低水準である。このような動きは、アメリカの金融当局が一段の金融緩和を示唆するか、日本政府が為替介入に踏み切らない限りは、今週も継続する公算が大きい。

今週は7日に、4月の景気動向調査。8日に、4月の国際収支と5月の景気ウォッチャー調査が発表になる。アメリカでは5日に、5月のISM非製造業景況指数。8日に、4月の貿易収支が発表される。また7日にはスペインの国債入札が予定されている。応札が少なく価格が下落すれば、信用不安がいっそう増大するから要注意だ。


    ≪4日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.