FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 消費税の復習 ⑥
2012-06-09-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 財政状態は世界でも最悪 = 消費税の引き上げが必要になったのは、日本の財政状態がきわめて悪化したためだ。たとえば今年度の予算をみても、歳入のうち税金の収入は42兆3000億円。国債発行額は44兆2000億円となっている。つまり収入よりも借金が多いという異常な状態。国の財政はパンク寸前と言っていい。

財務省の推計によると、これまでの発行分を累計した国債発行残高は、来年3月末で709兆円に達する見込み。その利払い費だけでも、今年度は9兆8000億円にのぼる。借金が借金を生み出している状態だ。さらに国は国債以外の形でも借金をしており、これらを含めた長期債務残高は来年3月末で772兆円にも膨れ上がる。

お金持ちならば、借金が多くても返済できるだろう。こういう考え方を取り入れて、よく引き合いに出されるのが長期債務残高のGDPに対する比率である。日本の場合は、この比率が世界でも断トツに高い。来年3月末で161%に達する見込みだ。たとえばアメリカは90%程度、ドイツやイギリスなどは40-70%程度にとどまっている。あのギリシャでさえも、ことしは145%を目標にしている。

長期債務残高の対GDP比率を引き下げるには、債務を減らすかGDPを増やすしかない。債務を減らすためには税収を増大する必要がある。しかし所得税や法人税を引き上げれば、景気を悪化させてGDPが低下してしまう。そこで景気に対する悪影響が比較的小さいと考えられる消費税に、スポットライトが当たることになった。しかも仮に景気が下降しても、消費税の税収はあまり落ちないという利点がある。


                            (続きは来週サタデー)

    ≪8日の日経平均 = 下げ -180.46円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.