FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
就職戦線 ・ 大幅な売り手市場
2007-04-24-Tue  CATEGORY: 政治・経済
リクルートの調査によると、来春卒業予定の大学生・大学院生に対する求人倍率が2.14倍に上昇した。この倍率が2倍を超えたのは、バブル期の92年以来16年ぶり。新卒者の人数はあまり変わらないが、企業の求人数が大幅に増えた結果だ。

08年春の卒業予定者で、民間企業への就職を希望する学生の人数は43万7000人。前年に比べて0.1%の減少。これに対し、企業の求人数は93万3000人。前年比13%の増加となった。これまでに最も多かった91年の84万人を上回る新記録である。

中堅・中小企業に限ってみると、売り手市場はもっと厳しい。従業員1000人未満の企業の求人数は73万人。これに対して就職希望者は17万3000人。求人倍率はなんと4.22倍に達する。

企業による求人数が過去最高となったのは、景気の回復と団塊世代の大量退職が原因だと分析されている。もし団塊世代の退職が大きな原因になっているとすれば、この売り手市場はあと2年しか続かない。もし長期的な労働力人口の減少が誘因なら、売り手市場は長く続くだろう。この点はまだ研究不足である。

    ≪24日の日経平均 = 下げ≫

    ≪25日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.