FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-06-11-Mon  CATEGORY: 政治・経済
世界の株価は、一応の底値を確認できたようだ。特にダウ平均は先週436ドルの値上がり。1万2500ドルを10日間で回復した。週末には中国の利下げを好感、タイミングよくFRBのバーナンキ議長が「金融緩和を準備中」と議会で証言。株価を押し上げている。その口先介入力は衰えていない。どこかの中央銀行総裁にも、少し見習ってもらいたいものだ。

日経平均も先週は値上がりしたが、その幅はわずか19円。まだ8500円を回復できない。中国の利下げは実体経済が悪化している証拠と受け取り、株価は浮上しなかった。ニューヨークとの相違は、やはり東京の地合いが弱いためだろう。野田首相が大飯原発の再稼働に踏み切ったことで、いくぶんは地合いも好転するかもしれない。

今週は17日のギリシャ再選挙を目前にした一週間。選挙の結果は、いぜんとして予測不能の状態だ。選挙後の連立工作も、すんなりとは行きそうにない。さらにスペインの情勢も、どう展開して行くのだろう。この重圧のもとで、株価は底値を固められるのか。今週はそれが試される。

今週は11日に、4-6月期の法人企業景気予測調査と5月の消費動向調査。12日に、5月の企業物価と4月の第3次産業活動指数。13日に、4月の機械受注。アメリカでは12日に、5月の財政収支。13日に、5月の生産者物価と小売り売上高。14日に、5月の消費者物価。15日に、5月の工業生産とミシガン大学による6月の消費者信頼感指数が発表になる。またEUは13日に、4月の工業生産を発表する。12日は、ギリシャの国債入札予定日。


    ≪11日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.