FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 消費税の復習 ⑨
2012-06-30-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 10%でも黒字化ムリ = 消費税を引き上げると、税収はどのくらい増えるのだろう。また財政の状態は、どの程度まで改善されるのだろうか。税収については、財務省が消費税率を1%上げると2兆7000億円の税収増が見込めると試算している。つまり現在5%の税率を8%に引き上げると8兆1000億円。10%に引き上げると13兆5000億円の税収増ということになる。

もっとも経済の動向によって、実際の税収は変動する。この点については、消費増税そのものが景気に与える影響も無視できない。過去の経験からみても、増税の前には需要が増加して景気を押し上げる。そのあと増税が実施されると、需要が落ちて景気は下降しがちだ。したがって本来なら1%ずつ小刻みに引き上げた方が、景気への影響は少ない。だが、そうすると流通業者や消費者が混乱する。そこで今回は2回に分けて引き上げることになった。

消費税引き上げによる税収増が、まるまる国の財政を潤すわけではない。消費税の税収は、国と地方が分け合うことになっているからだ。現行の制度では、国と地方が4対1の割合で分けることになっている。これを今回は10%に引き上げた段階で、7.8対2.2に変更する予定だ。

国や地方の予算のなかで、国債や地方債の償還や利払いを除いた政策的支出が、税収と税外収入で賄える状態をプライマリー・バランスと呼んでいる。10年度のバランスは28兆6000億円の赤字だった。内閣府の試算によると、このバランスは消費税が8%になる14年度で18兆9000億円の赤字。10%になる15年度でも16兆8000億円の赤字が残る。つまり消費税を10%に引き上げても、借金は増え続けるわけだ。


                               (続きは来週サタデー)

    ≪29日の日経平均 = 上げ +132.67円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】 

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.