FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-07-09-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 過ぎたるは及ばざるが如し = 先週のウォール街は独立記念日の休日をはさんで、前半と後半では空気が一変した。前半は製造業の景況感がやや後退したというニュースが出たが、市場はこれで金融緩和が期待できると解釈。むしろ「及ばざる」指標を歓迎して株価を上げた。ところが後半になって雇用統計の悪化が報じられると、株価は大幅に下げている。やはり「過ぎたる」悪化は歓迎できない。ダウ平均は週間108ドルの値下がりとなった。

ヨーロッパでは信用不安に加えて、景気の落ち込みが鮮明になってきた。ユーロ圏の5月の失業率は11.1%で、過去最悪の水準に。ECB(ヨーロッパ中央銀行)は、すかさず政策金利を過去最低の0.75%に引き下げた。しかし市場は、国債買い入れなどが実施されなかったことから失望。この政策では「及ばない」と判定した。このため株価は売られ、ユーロ相場も大きく下落してしまった。

東京市場でも、やや奇妙な動きがあった。週初に発表された日銀の短観では、企業の業況判断が改善した。しかし市場は、これで金融緩和が遠のいたと判断。株価を下げている。ニューヨーク流に「及ばざる」改善は悪材料とみたわけだ。ただ日経平均は、週を通して14円の値上がり。民主党の分裂で政局の不透明感が薄れたことも貢献したと言ったら、やや「行き過ぎ」か。

今週は7日に、5月の国際収支と機械受注、6月の景気ウォッチャー調査。11日に、5月の第3次産業活動指数。アメリカでは11日に、5月の貿易統計。13日に、6月の卸売り物価とミシガン大学による7月の消費者信頼感指数。また中国が10日に、6月の貿易統計。13日に、4-6月期のGDP速報と6月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資。EUが12日に、5月の鉱工業生産を発表する。


    ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.