FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
心配は無用 ? / 中国経済の減速
2012-07-17-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 中成長国へ軟着陸の公算 = 中国統計局の発表によると、4-6月期の実質成長率は前期比の年率換算で7.6%となった。1-3月期の8.1%を下回り、3年ぶりに8%を割っている。10年の10.3%、11年の9.2%に比べると、中国経済の減速ぶりが鮮明になった。このため中国経済がさらに失速し、世界経済に打撃を与えることが心配されている。

減速した原因は2つ。輸出の減退と不動産投資の急減である。このうち輸出は、たとえば11年には前年比20.3%も伸びていたのが、ことし1-6月には9.2%増まで縮小した。最大の要因はヨーロッパ向けの低迷で、1-6月は0.8%の減少にまで落ち込んでいる。不動産投資は11年の27.9%増から、1-6月には16.6%増に鈍化した。

輸出はヨーロッパ経済の混乱が続けば、大きくは回復しないだろう。また不動産投資は、政府がバブル化を阻止するため、金融引き締めを強化した結果である。それが功を奏して、消費者物価も6月には2.2%上昇にまで抑え込むことができた。引き締めの目的はほぼ達成したため、すでに政府は金融緩和と財政支出増の政策に転換している。

したがって、成長率が今後さらに大きく下がる懸念は小さいと思われる。なにしろ景気対策の財源には不自由しないし、議会での手続きも不要な国である。成長率が7-8%程度の“中成長国”への軟着陸は成功する可能性が大きい。ただ輸出と不動産の低迷が持続すると、日本からの部品や建設機械の輸入はあまり伸びないだろう。長期的にみて、中国を中成長国と考える視点が重要になってくる。


    ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.