FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 消費税の復習 ⑫
2012-07-21-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ マイナンバー制度の表と裏 = 消費税の引き上げに関連して、マイナンバー制度の導入が現実味を帯びてきた。正式な名称は共通番号制度。その名の通り、国民の一人ひとりに番号をふる制度だ。年金、医療、介護保険、福祉、労働保険、それに税務の6分野で利用する方針。すでに法案は国会に提出されており、成立すれば15年1月から導入されることになる。

消費税には、低所得者ほど負担感が重くなる性質がある。この逆進性を緩和する方法として、軽減税率と給付つき税額控除があることはすでに説明した。ただ消費税を8%に引き上げる14年4月には間に合わないので、このときは低所得者に現金を配ることが決まっている。税率が10%になる15年10月には、軽減税率か給付つき税額控除のどちらかが実施される見通し。

いまのところ政府・民主党は給付つき税額控除、自民・公明党は軽減税率の実施を主張している。したがって、どちらで決着するかは不明。仮に給付つき税額控除になると、マイナンバーが必要になってくる。というのも、たとえば給与が低い人でも、多額の不動産収入や配当収入があるケースは少なくない。こういう人を対象から外すためには、マイナンバーで“名寄せ”をする必要が出てくるからだ。

最大の問題点は、個人のあらゆる収入が税務署に捕捉されてしまうこと。納税などに関する不正や不平等が是正されることは確かだが、賛成できないという人も多いはずだ。政府が給付つき税額控除を導入しようとしている裏には、名寄せによる税収の増加を目論む財務省の意図が見え隠れしているという指摘もある。 


                                (続きは来週サタデー)

    ≪20日の日経平均 = 下げ -125.68円≫

    【今週の日経平均予想 = 1勝3敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.