FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-07-23-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ スペインが標的に = 円高が一段と進行した。東京市場では対ドルが78円台半ば、対ユーロが95円台半ばまで上昇している。特にユーロの値下がりが急激で、円は週末のニューヨーク市場で95円39銭と11年8か月ぶりの高値を記録した。スペインの地方自治体が政府に資金援助を要請したことから、国債が売られ利回りが7.3%に上昇したことがユーロ売りの主たる原因。

アメリカの景気見通しも芳しくない。マイクロソフトが子会社の評価損処理とはいえ、4-6月期に上場以来の赤字を出したニュースも伝わった。そんななかで、ダウ平均は先週45ドルの値上がりと健闘。日経平均はユーロ安の直撃を受けた形で、週間54円の値下がりとなった。

スペインをめぐる不安は、これまで不良債権を抱えた銀行の救済に焦点が当てられてきた。ところが先週からはギリシャと同様に、スペイン政府そのものの財政不安に問題が発展してきたように思われる。だがEU側は、これに対する方策を持ち合わせていない。問題が長引けば、円の対ユーロ相場はさらに上昇する可能性が大きい。

今週は25日に、6月の貿易統計。26日に、6月の企業向けサービス価格。27日に、6月の消費者物価と商業販売統計が発表される。アメリカでは25日に、6月の新築住宅販売。27日に、4-6月期のGDP速報とミシガン大学による7月の消費者信頼感指数が発表になる。また26日にはEUの財務相会議が開かれるが、ここで有効なスペイン対策が打ち出される見込みはまずない。27日はロンドン・オリンピックの開会式。


    ≪23日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.