FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-08-27-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ バーナンキの魔術 = ダウ平均は先週初めから4日間続落、金曜日に101ドル反発して終わった。週間では117ドル値下がりして、7週間ぶりの下落。住宅関連の底入れを示す指標が相次いだのに株価が続落したのは、これで金融緩和が遠のいたと市場が判断したためだ。なんとも理解しにくい市場心理である。

金曜日の反発は、バーナンキFRB議長の議会あて書簡が原因。この書簡でバーナンキ議長は「緩和の追加政策を実施する余地はある」と述べている。市場心理はこれで一変した。感心するのは、そのタイミングのよさ。これまでも同議長は記者会見や講演などで口先だけの“緩和”を表明、何度も株価を反発させてきた。今回は書簡という新しい手段を使って、見事な成果をあげている。

日経平均は週間92円の値下がりだった。東証1部の売買代金が連日1兆円を割り込む薄商いのなか、なんとなく値を崩したという感じである。ただ9月に入るとヨーロッパが動き出す。アメリカでも大統領選挙が終盤に。国内では国会の会期末を迎えて、政局は不穏な状況に突入する。今週はその前哨戦と捉えることができる。市場も夏休み気分から抜け出すことになるだろう。

今週は30日に、7月の商業動態統計。31日には、7月の鉱工業生産、雇用統計、家計調査、、消費者物価、住宅着工戸数が発表になる。アメリカでは28日に、6月のSPケースシラー住宅価格指数とコンファレンスボードによる8月の消費者信頼感指数。29日に、4-6月期のGDP改定値と7月の中古住宅販売。31日には、ミシガン大学による8月の消費者信頼感指数が発表される。またEUは31日、7月の雇用統計と8月の消費者物価を発表する。31日にはバーナンキ議長がジャクソンビルで講演の予定。


    ≪27日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.