FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
3月も減少した現金支給総額
2007-05-02-Wed  CATEGORY: 政治・経済
厚生労働省が発表した勤労統計によると、3月の現金支給総額は平均28万1158円。前年同月に比べて0.4%の減少だった。これで現金支給総額は昨年12月から、4か月連続で前年を下回っている。勤労統計は、従業員5人以上の事業所を対象にした調査。

業種別にみると、卸・小売り業は0.2%の増加。サービス業も0.3%の増加。しかし製造業が0.6%の減少で、全体の足を引っ張った。これは3月の生産活動がやや停滞したためであり、鉱工業生産指数が前月比0.6%の減少となったことと符合している。

総労働時間も前年比1.4%の減少。2月に続いての減少となった。ただ常用雇用者の人数は前年比1.4%増加している。このうちパート労働者は2.5%の増加となった。常用雇用者は製造業、卸・小売り業、サービス業の各部門で増えている。

雇用者が増えたのに、労働時間が減り、賃金が下がる。この現象をどう考えたらいいのか。3月は一時的な調整だったのか。それとも従業員の若返りが進み、賃金の平均水準が下がってきたのか。4月以降の動向で、ある程度の見極めは付くだろう。

    ≪2日の日経平均 =上げ≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝0敗】 

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.