FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
もの足りない 高齢人口調査
2012-09-20-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 5万人を超えた100歳以上 = 「敬老の日」にちなんで、高齢者人口に関する2つの調査が発表された。1つは総務省による9月15日時点の推計人口。それによると、65歳以上の人口は3074万人で、初めて3000万人台に達した。1年前に比べて102万人も増えたが、これは団塊の世代のうち1947年生まれの人たちが65歳になりつつあるため。

総人口に占める65歳以上の人の割合は24.1%に。ほぼ4人に1人が高齢者というわけだ。男女別にみると、男性が1315万人。女性が1759万人で、その差は444万人もある。また75歳以上の人は1517万人、85歳以上の人は430万人となった。75歳以上は前年に比べて48万人、85歳以上は24万人増えている。

もう1つの調査は、厚生労働省が集計した100歳以上の人口。それによると、9月15日時点で100歳を超えた人は5万1376人。前年より3620人増えて、初めて5万人を超えた。女性が4万4842人で圧倒的に多く、男性は6534人にとどまっている。人口10万人当たりでみると、第1位は高知県の78.5人。全国平均の2倍に近い。最下位は埼玉県の23.09人だった。

こうした調査は、毎年この時期にきちんと行われている。それはそれで結構だが、内容的には全く進歩がない。たとえば100歳以上の分布率が、高知県と埼玉県で3倍以上も違うのはなぜなのか。また65歳以上の人たちで、介護の必要もなく自立している人たちは何人ぐらいいるのか。調査の手をそこまで広げれば、各方面で調査の結果を活用できるのではないだろうか。


    ≪19日の日経平均 = 上げ +108.44円≫

    ≪20日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.