FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 危ない! 老朽化インフラ ⑩
2012-10-06-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 下水道 :1万㌔㍍が老朽化 = 国土交通省によると、全国の下水道管は総延長が約43万㌔㍍。このうち耐用年数50年を超えたものは、1万㌔㍍に達する。やはり高度成長期に設置されたものが、次々に寿命を迎えることに変わりはない。ただ上水道に比べると普及が遅れ、耐用年数が10年長いことで、老朽化は多少遅い。それでも10年後に2万9000㌔㍍、20年後には7万9000㌔㍍が老朽化する見込み。

下水道管の破損は、道路の陥没を惹き起す。老朽がひどい個所は管を取り換えたり、内側にビニール管を通して補強する。それでも東京23区の場合、下水管が原因で道路が陥没する事故は年間1000件ぐらい。都水道局は12年度に783億円を修復費に充てるが、追いつかない。都内には1930年代の下水管も使われている。これからは60-70年代のものの老朽化が急速に進む。

耐震化の工事も急がれている。千葉県浦安市は、東日本大震災で下水管24㌔㍍が液状化の被害を受けた。この復旧には1か月以上もかかり、市民生活に大きな影響が出ている。これを教訓に、東京湾の埋め立て地域では耐震化工事を進める計画が進んでいる。また東京都は、病院や学校の周辺にある下水管の耐震化を優先する方針だ。

下水管の老朽化は、他の都市でも大きな問題になっている。たとえば大阪市では、延べ4800㌔㍍のうち1285㌔㍍が耐用年数を超えた。ところが、どこの自治体でも更新の財源がない。そこで関係者の間では、下水事業を民営化したらどうかという提案も出ている。効率化を図ると同時に、下水に含まれるリンや希少金属を回収して利益をあげようという案だ。面白いが、まだ実現性は低い。


                                (続きは来週サタデー)

    ≪5日の日経平均 = 上げ +38.71円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.