FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ひっそりと 環境新税 : 10月スタート
2012-09-27-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 家庭の負担は年1200円程度 = 10月1日から、地球温暖化対策税が導入される。この環境税は既存の石油石炭税に上乗せされる形で実施されるが、新しい法律によって作られた新税だ。税率は16年4月まで3段階に分けて引き上げられ、最終的な税収は2623億円。つまり、それだけの増税ということになる。

すべての化石燃料にかけられる新税は、原油やLNG(液化天然ガス)の輸入業者が納入する。輸入業者はこの増税分を卸売り業者に転嫁するが、問題はそのあと値上げ分をだれが負担するかだ。たとえばガソリンの場合、10月からの増税分は1㍑当たり0.25円。街のガソリン・スタンドは1円刻みの価格表示で売っているために、消費者への転嫁は困難だ。もし転嫁できなければ、スタンドの利益は年間143億円減少する。

ところが電力会社やガス会社は、消費者に転嫁する方向だ。東京電力などは、すでに9月からの料金値上げに織り込み済み。他の電力会社やガス会社も、近く値上げする方針だといわれる。東電の場合、標準家庭で月14.5円の負担になるという。

メーカーの負担は大きい。化学業界は最終的に年130億円、鉄鋼業界は100億円の負担になる。これらのコスト増が消費者にどこまで転嫁されるかは、まだ判らない。しかし環境省では、標準家庭で最終的には年1200円程度の支出増加になると試算している。それにしても大事故を起こした東電が、真っ先に消費者へ転嫁したことには引っ掛かるなあ。


    ≪26日の日経平均 = 下げ -184.84円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.