FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ほのかな明かり差す アメリカ経済 (上)
2012-10-10-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 雇用と景況感が改善 = アメリカ経済に、やっと薄日が差し込んできた。まず9月の失業率が3年8か月ぶりで7%台に低下したこと。労働省が発表した雇用統計によると、非農業雇用者数は前月比11万4000人の増加。完全失業率は7.8%で、前月より0.3ポイント改善した。この改善は事前の予想を上回ったため、株価も上昇している。

非農業雇用者の増加数は、まだ少なめだ。内容的にも医療や教育関係は増えたが、製造業や小売業は減少している。このため本来ならば、あまり評価される数字ではない。だが失業率が7%台に下がったことは、予想外の成績だった。財界の大物が「大統領選挙を前に操作があったのかも」と言ったとか言わなかったとか、市場では取り沙汰されている。

もう1つの淡い光は、ISM(供給管理協会)による製造業の景況感調査が改善したこと。これは製造業300社以上の購買担当役員を対象にした調査で、最近は重視されている。結果が50を上回ると、景気は拡大中と判断される。6-8月は50を割り込んでいたが、9月は51.5に上昇した。

またコンファレンスボードという経済界の団体が調査している消費者の信頼感指数も、9月は7か月ぶりの高水準になった。こうした経済指標の好転を受けて、ダウ平均は07年12月以来の高値を取り戻している。ただ差し込んできた微光が、今後も持続するかどうかはまだ判らない。


                                   (続きは明日)

    ≪9日の日経平均 = 下げ -93.71円≫

    ≪10日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.