FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-10-15-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 企業の業績に警戒感 = 株式市場は“弱気の虫”に取りつかれた。ダウ平均は先週、4日続落のあと金曜日には下げ止まったが、週間では281ドルの大幅安。5月最終週以来の大幅な下げとなった。IMFが世界経済の見通しを下方修正したこと、スペイン国債の格下げなどが嫌気されたが、企業の今後の業績見通しに対する警戒感が株価の足を引っ張った。

アメリカ経済は失業率が低下したほか、新車の販売も好調。住宅の底打ち感も広がっている。加えて先週は消費者態度の調査が、5年ぶりの高さになったという予想外の結果も発表された。しかしJPモルガン・チェースなどの金融機関、グーグルなどのIT産業が業績見通しを発表すると、株価は大きく売り込まれる結果となっている。

日経平均は先週4営業日だったが、すべて下げ。週間では329円の値下がりとなった。こちらも5月末以来の大幅な下げ幅である。ニューヨーク市場に引きずられたほかに、日中関係の険悪化と動かない国内政治が悪材料となった。今週、ニューヨークは反発する可能性も大きいが、東京市場はそれについて行けるかどうか。

今週は19日に、8月の全産業活動指数が発表される。アメリカでは15日に、9月の小売り売上高。16日に、9月の工業生産と消費者物価。17日に、9月の住宅着工件数。18日に、コンファレンスボードによる9月の景気先行指標。19日に、9月の中古住宅販売戸数が発表になる。またEUが16日に9月の消費者物価。中国が15日に、9月の消費者物価と生産者物価。18日に、7-9月期のGDPと9月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資を発表する予定。


    ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.