FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
参議院は 要らない
2012-11-02-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 「政争の府」に成り下がる = 第181臨時国会が29日、召集された。しかし野田首相の所信表明演説は衆院本会議だけ。参院では行われなかった。野党が問責決議を受けた野田首相の演説を拒否したためである。わが国の長い憲政史上でも初めての出来事だ。

この出来事から、国民はなにを感じ取っただろう。首相の演説はテレビ中継されており、新聞にも出ている。だから実際には、何の支障もない。要するに施政方針演説にしても所信表明演説にしても、総理大臣が衆院と参院で同じ原稿を読む方が非効率なのではないのか。多くの人は、そう考えたに違いない。

そもそも参議院の役割は、なんなのか。衆院での議論に不足していた点を補い修正する。場合によっては否決してもいい。党利党略に流れず、高い見地から政策決定を行う。だから「良識の府」と言われた。ところが最近は党利党略に走って、国民にとって重要な法案さえも否決する。たとえば特例国債発行法案を廃案にしたのが、その好例だ。

国民はいま「決められない政治」に愛想を尽かしている。その根源は“ねじれ”国会にあると考える人も多い。だが“ねじれ”そのものが、悪いわけではない。参院が本当に「良識の府」なら、国民も理解する。しかし現状のように自らも必要と考えている法案を、党略のために否定する参院なら存在する価値はない。今回の出来事で、くすぶっていた参院の不要論に火がつくだろう。


    ≪1日の日経平均 = 上げ +18.58円≫

    ≪2日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.