FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
止まらない 過密・過疎化
2007-05-08-Tue  CATEGORY: 政治・経済
大都市圏の人口増加、地方の人口減少。いわゆる過密化と過疎化の進行が止まらない。総務省の調査によると、06年に人口が増えたのは9都県。減ったのは38道府県だった。特に東京圏と名古屋圏への流入が大きく、この2つの都市圏ではバブル期並みの人口増加となっている。

人口の増加率(転入-転出)が最も大きかったのは東京都で、転入超過率は0.73%。次いで愛知県が0.29%、神奈川県が0.25%など。東京、神奈川、埼玉、千葉の東京圏は合計13万2000人の転入超過で、88年以来の増加を記録している。愛知、岐阜、三重の名古屋圏も1万人を超す転入超過だった。

減少率(転出-転入)が最も大きかったのは青森県で0.67%。次いで長崎県0.66%、秋田県0.51%など。東北6県を含む29道府県で、減少率が前年を上回った。また実数で減少が最大だったのは、1万8000人の北海道だった。

原因は大都市圏と地方の景気格差。ただ06年の場合、大阪圏は人口が減少している。これは兵庫、京都、奈良の各県に大型工場の進出がなかったためだとみられる。総人口が減り始めたなかでのこうした人口移動は、自治体の財政や流通業の出店政策にも大きな影響を与えるものと考えられる。

    ≪8日の日経平均 = 下げ≫

    ≪9日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.