FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-11-05-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 米大統領選に集中 = ニューヨークは大型ハリケーン「サンディ」の直撃を受け、先週は取引所も月曜日と火曜日が休場となった。天候が原因で取引所が休場したのは、124年ぶりのことだという。再開した水曜日は11ドルの小幅安。木曜日に大きく上げたが、金曜日には大きく下げた。10月の雇用統計が予想以上の好成績だったのに下げたのは、6日に迫った大統領選挙の様子見で利益確定の売りが出たためだと解説されている。ダウ平均は週間14ドルの値下がり。

オバマ大統領とロムニー候補のどちらが勝っても、株価に大きな影響はない。市場関係者の多くは、こう考えている。にもかかわらず様子見の売りが出たのは、全体の株価に影響はなくても、個別銘柄には影響があるとみられるからだろう。たとえばロムニー勝利なら、国防・航空・原子力・金融などは買い。オバマ再選なら、IC・自動車・医療などに日が差すと考えられている。

日経平均は先週118円の値上がりだった。日銀が追加の量的緩和政策を発表した火曜日は下げたが、その後は上昇した。週の終り値は6日ぶりに9000円台を回復している。企業の通期決算が下方修正されるなかで上昇したのは、円相場の下落傾向が大きな原因。今週は上げすぎ訂正の力と円相場の動きによって、株価は左右されそうだ。

今週は6日に、9月の景気動向指数。8日に、9月の国際収支と機械受注、10月の景気ウォッチャー調査が発表になる。アメリカでは5日に、10月のISM非製造業景況指数。8日に、9月の貿易統計。9日に、ミシガン大学の11月・消費者信頼感指数。6日は大統領選挙。また中国が9日に、10月の消費者物価、生産者物価、鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資を発表する予定。 


    ≪5日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.