FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-11-12-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日米”ねじれ”の競演 = 大統領選挙の開票結果が明らかになると、ダウ平均株価は急落した。水曜日と木曜日の2日間だけで434ドルの下落。週間では278ドルの値下がりとなった。オバマ大統領の再選を嫌気したわけでは全くない。同時に行われた両院議員選挙の結果、現在の”ねじれ議会”が解消されず、”財政の崖”に対する不安が一気に高まったためである。

大幅減税の延長や強制的な財政支出削減の緩和が実現しないと、アメリカ経済が来年から急坂を転げ落ちることは避けられない。しかし”ねじれ議会”が続くことになり、与野党の歩み寄りは困難になったという見方が強い。仮にそうなら、アメリカ経済の景気後退入りは免れない。こうした観測から、株価は大きく売り込まれた。

アメリカ経済の先行き不安は当然、日本経済にも悪影響を及ぼす。そのうえ日本でも、特例公債発行法案が宙に浮いたまま。このままだと予算の執行ができなくなる。これも”ねじれ国会”のなせる業だ。日経平均は先週5日間の続落。週間では294円の値下がりだった。当面は2つの”ねじれ”に注目が集まる。

今週は12日に、7-9月期のGDP速報、9月の第3次産業活動指数、10月の企業物価。アメリカでは14日に、10月の小売り売上高と生産者物価。15日に、10月の消費者物価。16日に、10月の工業生産が発表になる。また15日には、EUが7-9月期のGDP速報と10月の消費者物価を発表する予定。このほか14日には、スペインとポルトガルで緊縮政策に抗議するゼネストが計画されている。16日は中国共産党の総会。


    ≪12日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.