FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2012-12-17-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 上昇基調は続くのか? = 予想通り自民党が圧勝した。すでに市場は、ある程度まで織り込み済み。安倍内閣⇒日銀への圧力⇒金融緩和という連想が働いて、先週は円相場が大きく下落した。円の対ドル相場は9か月ぶり、対ユーロ相場は8か月ぶりの安値に。この円安を土台に株価は上昇。日経平均は週間210円の値上がり。5週連騰で、終り値の9738円は4月5日以来の高値となった。

アメリカの議会は、来週からクリスマス休暇に入ってしまう。したがって、財政支出が急減する“財政の崖”を埋めるための与野党の交渉は、今週21日が最終期限となる。まだ妥協のメドが立たない。これが重荷となって、FRBの追加的な金融緩和が発表されたにもかかわらず、ダウ平均は先週20ドル値下がりした。

もし今週中に与野党の交渉が妥結すれば、アメリカ経済の見通しは一気に明るくなる。加えて日銀が今週の金融政策決定会合で一段の緩和策を決定すれば、東京市場の株価は1万円の大台を狙う条件が揃うだろう。とにかく今週はアメリカ議会の動向が、すべてを左右することになりそうだ。

今週は19日に、11月の貿易統計と10月の全産業活動指数が発表になる。それに19-20日は、日銀の金融政策決定会合。アメリカでは19日に、11月の新築住宅着工戸数。20日に、11月の中古住宅販売戸数とコンファレンスボードの消費者信頼感指数、それに7-9月期のGDP最終値が発表される。


    ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.