FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
株価 = ゆく年 くる年
2012-12-31-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 目標はリーマン前の水準 = 「終わりよければ、すべてよし」という言葉は、ことしの東京株式市場にぴったりだ。日経平均は1万0395円、ことしの新高値を更新して大納会を終えた。年間の上げ幅は1940円、率にして23%の上昇である。東証1部の時価総額も45兆円増えて296兆円になった。先週はダウ平均が連日下げて253ドルの値下がりだったのに、日経平均は連日上げて455円の値上がり。こんなことも珍しい。

振り返ってみると、ことしの日経平均は1-3月に上昇、一時は1万円台を回復した。しかし4月以降はヨーロッパの信用不安が高まって反落、6月初めには8295円の安値にまで落ち込んだ。転機は野田前首相が衆院の解散を表明した11月14日。自民党の景気対策と日銀の金融緩和を見込んで、円相場が大きく反落。これが原動力となって、株価は急上昇している。

大震災直前の日経平均は1万0434円。11年の高値は1万0857円。10年の高値は1万1339円。そして08年のリーマン・ショック前の水準は1万2214円だった。これら過去の記録を抜き去れるかどうか。新年の挑戦となるわけだが、環境は必ずしも悪くはない。

まず国内では10兆円の補正予算、それに日銀によるいっそうの金融緩和が1月中の材料になる。また世界的にみて、アメリカや中国の景気は回復基調に入っている。さらに外国人投資家が日本株への関心を高めていることも、大きなプラス要因だ。アメリカで“財政の崖”問題が解決すれば、明るいムードが一気に拡散するだろう。日経平均がリーマン前の水準を取り戻す可能性は大きい。


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.