FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
安倍総理への質問状② 公共事業 
2013-01-03-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ バラ撒きを防げるのか = 政府・自民党は、今月中に補正予算を成立させる方針である。規模は約10兆円。剰余金などで5兆円の財源は調達できそうだが、残りの5兆円は国債の増発に頼らざるをえない。財政の悪化を招いても補正予算を編成するのは、マイナス成長に陥った景気を立て直すことが目的だ。

国民の多くは景気の回復を望んでおり、補正予算の必要性は認めている。しかし過去の自民党に戻って、公共事業をバラ撒くことには大反対だ。そこで政府は「防災・減災に重点を置く」と説明に努めている。たしかに笹井トンネルの天井崩落事故を挙げるまでもなく、社会インフラの老朽化は進んでおり、その補強工事は不可欠だ。

ところが道路や橋、学校の耐震化などの工事は、1件あたりの単価が低い。鉄鋼やコンクリートなどの資材も、それほど大量には使わない。したがって景気を浮揚する力は、必ずしも大きくはない。景気対策として効果があるのは、やはり道路や橋、あるいは空港や大型ビルの建設ということになる。

補正予算の目的は景気対策なのか、安全対策なのか。その辺が曖昧だと、補正予算は景気振興のためと称して従来型の公共事業に使われてしまう危険性が大きい。特に参院選を間近に控えているから、その要望は強まるだろう。仮にバラ撒き型の公共事業がまかり通ることになれば、安倍内閣は「やっぱり昔の自民党だ」と烙印を押されることは間違いない。安倍さん、この問題をどう仕分けするのですか。


                                       (続きは明日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

   
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.