FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室ーー高齢化の問題(8)
2007-05-26-Sat  CATEGORY: 政治・経済
8)実情と課題 = 65歳以上の高齢者世帯を対象に、2003年(平成15年)についての調査結果でみると、1人当たり平均の所得額は184万6000円だった。このうち公的年金・恩給が71.9%と、大半を占めている。働いて得た所得は17.6%、家賃や利子収入などの財産所得は5.4%の構成比だった。

1世帯当たりの貯蓄額は、平均2504万円。全世帯の貯蓄額を約50%上回っている。ただ多額の貯蓄を保有している世帯がある半面、貯蓄額が100万円に達しない世帯も全体の5.2%あった。

一方、04年(平成16年)の調査によると、高齢者のうち病気やケガのため生活に影響が出ている人は、全体の24.6%。病気やケガの自覚症状がある人は49.3%とほぼ半数。当然ながら年齢が高くなるほど、この数値は上昇する。

高齢者にとっては、生活費の確保と健康維持が最大の問題だ。ほかにも生きがいの問題や、入院・介護などの厄介な問題がいつ発生するか判らない。政府は1995年に「高齢社会対策基本法」を策定、これらの問題に対処してきているが、まだ十分な実績をあげているとは言えない。

                 (高齢化の問題は終わり)

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.