FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-02-10-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第12章 デフレって、なんだろう? ②

◇ 2000年から下げ歩調 = 「デフレ」というのは「物価が長期にわたって下がる状態」を指す経済用語でしたね。物価にもいろいろありますが、この場合は消費者物価のうち「生鮮食品を除いた総合指数」を使います。生鮮食品の値段は天候の影響などによって大きく変化するので、これを除いた物価指数でみるわけです。

そこで毎年の「生鮮食品を除いた総合指数」が、どう動いたかを見てみましょう。驚いたことに、この指数は1971年から99年まで29年間にわたって毎年かならず上昇していました。ところが2000年からは全く様変わり。06-08年を除いて、毎年下がっているのです。もう13年間もだいたい下落しているのですから、これは完全に「デフレ」と言えるでしょう。

このように日本の物価は20世紀中は上昇し、21世紀に入ると下落しています。いちばん上昇したのは1974年で、前年に比べて22.5%も上がりました。石油ショックによって、エネルギーの輸入価格が高騰したからです。いちばん下落したのは2009年で、前年より1.3%下がりました。リーマン・ショックで世界各国の景気が、いっせいに悪くなったときのことです。

12年の物価は前年比0.1%の下落でした。たとえば電気代やガス代、ガソリン価格、それにウナギの値段はかなり上がっています。しかしテレビ受信機やノート・パソコン、冷蔵庫などが大きく値下がりしました。ここからも判るように、最近の物価の下落には電気製品の値下がりが大きく貢献しています。


                                  (続きは来週日曜日)

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

          

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.