FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2013-02-18-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 円相場しだいの株式市場 = 日経平均は先週も売買が交錯して、大きく揺れ動いた。週間では21円の小幅な値上がり。投資家が利益確定売りに動いた原因としては、G20(主要20か国会議)と日銀総裁人事が挙げられている。G20では円安への批判が出るのではないか。新しい日銀総裁は金融緩和を続けるのかどうか。見極めようというわけである。

この2つの要因は株式市場よりも、為替市場の方が敏感に受け止めた。このため先週の円相場は、かなり大きく変動している。株価はむしろ為替相場の変動をみて、大きく上下した形だ。この構図は今週も持続するだろう。したがってG20が平穏に終われば、円がまた下がり、株価は上がる可能性が高くなる。

ダウ平均は先週11ドルの値下がり。アメリカ経済は雇用、住宅、消費の堅調が確認されている。企業収益も悪くはない。にもかかわらず株価の足取りが重いのは、強制的な財政支出削減の期日が迫ってきたためだ。与野党間で回避するための交渉は始まっているが、期日の3月1日まで気が抜けない。妥協が成立すれば、株価は史上最高値を目指す態勢を取り戻せるだろう。

今週は20日に、1月の貿易統計と12月の全産業活動指数。アメリカでは20日に、1月の住宅着工戸数と卸売り物価。21日に、1月の消費者物価、中古住宅販売、コンファレンス・ボードの1月・景気先行指数が発表される。また22日には、ワシントンで安倍首相とオバマ大統領の会談が行われる予定。


    ≪18日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.