FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
米経済は大ピンチ! / 歳出の強制削減 (下)
2013-02-28-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 与野党対立の根は深い = 強制的な歳出削減の悪影響は、想像以上に大きい。だがアメリカの一般市民は、それほど深刻には考えていないようだ。株価もそれほど急落はしていない。「議会はギリギリのところで妥協する」と読んでいるからだ。たしかに国債発行限度の問題にしても、この歳出削減の問題にしても、昨年末には期限寸前で先送りされた。

しかし与野党対立の根は相当に深い。民主党が富裕層の増税などで財政の再建を図ろうとしているのに対し、共和党は増税には絶対反対。政府の支出削減で財政赤字を減らそうと主張する。要するに「大きな政府」と「小さな政府」という経済哲学の対立だ。

今回の問題も、限られた時間のなかで恒久的な妥協案がまとまる可能性はないだろう。せいぜい2-3か月の先送りができるかどうか。下手をすると、大変な事態が起こる危険性もゼロではない。また、この問題を先送りしても、5月には先送りされた国債発行限度の引き上げ問題が再び期限を迎える。

アメリカ経済はリーマン・ショックから4年を経過して、いま回復軌道に乗りつつある。設備投資や個人消費も堅調。企業業績も上向き、株価は史上最高値を狙おうとしている。そんな環境を一気にぶち壊しかねないのが、“ねじれ議会”のもとでの民主党と共和党の思想的な対立だ。オバマ大統領の歯ぎしりが聞こえてくるような気がする。


    ≪27日の日経平均 = 下げ -144.84円≫

    ≪28日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.