FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 貿易赤字国になった 日本 ⑤
2013-03-02-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 輸出を変動させる要因 = 輸出が増えたり減ったりする原因は、きわめて多い。まず輸出相手国の景気動向。日本の輸出額は中国、アメリカ、ASEAN(東南アジア連合)、EU(ヨーロッパ連合)の順に大きい。このうちアメリカとASEANの景気は回復基調、EUと中国は停滞している。12年の輸出をみると、10年に比べてアメリカとASEAN向きの輸出は増えたが、EUと中国向けは減少した。

次は競争力。価格や機能・デザインなどの面で、他国の製品を上回るかどうか。当たり前のことだが、安くて質のいいものは売れる。この点で12年の実績をみると、自動車の輸出は増加したが、電気製品は減少した。一時は世界市場を席巻したメイド・イン・ジャパンの電気製品は、明らかに競争力を失っている。

為替相場の変動も、大きな要因だ。円相場が下落すると、相手市場での販売価格を下げる余裕が生じる。また価格を下げなければ、それだけ輸出企業の円に換算した手取りが増える。トヨタは円の対ドル相場が1円安くなると、年間350億円も営業利益が増えるという。

このほか相手国の輸入関税や規制、あるいは輸出企業の販売力や宣伝力。さらに国内の景気動向も影響する。国内の景気が悪くなると、企業は海外での販売に努力を傾注する傾向があるからだ。このように輸出を増減させる要因は数多いが、長期的に輸出を伸ばす原動力はやはり新しい技術の開発ということになるだろう。


                              (続きは来週サタデー)

    ≪1日の日経平均 = 上げ +47.02円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.