FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
65歳定年の 光と影 (上)
2013-04-04-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 変貌する職場の光景 = 「まことに恐れ入りますが、この書類をコピーしていただけませんか」「ああ、いいよ」-ーていねいに頼んでいるのは43歳の課長、頼まれているのは61歳の最近まで部長だった平社員。こんな光景が、いろんな職場で見受けられるようになるのでは・・。

この4月から、高年齢者雇用安定法の改正条項が施行された。これによって社員が希望すれば、企業は65歳まで雇用する義務を負うことになった。ただし雇用を延長したとき、その社員の身分や給与についての規定はない。61歳になった社員の待遇は、①身分はそのままで賃上げもある②60歳の給与が続く③給与は2-3割減る④6-7割減ってしまう--などなど、さまざまな形態が考えられる。

この法律改正は、厚生年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられることに対応したもの。年金の支給が61歳からとなる本年4月から16年3月末までは61歳定年制。その後は3年ごとの支給年齢引き上げに対応して定年も引き上げられ、25年4月には65歳定年制になる仕組み。

要するに、年金が支給されるまでの収入を保障することが目的だ。現役世代にとっても、65歳までの雇用が保障されるわけである。ところが企業の人件費は増加せざるをえない。そこで企業としては、新規の採用を減らしたり、全社員の賃金カーブを下方修正する可能性が大きい。そうなると、学生や現役社員にとってはマイナスの影響を蒙ることになる。


                                     (続きは明日)

    ≪3日の日経平均 = 上げ +358.77円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.