FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
平穏か 停滞か / 中国経済 (上)
2013-04-16-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 株価は3週間の続落 = 中国の国家統計局は15日、ことし1-3月期のGDP速報を発表した。それによると、前年比の実質成長率は7.7%だった。これは昨年10-12月期に比べて0.1ポイントの下落。また大方の事前予測値に比べると0.3ポイント低い。国家統計局は、この発表文のタイトルを「中国経済は平穏」と書いている。

分野別の成長率をみると、農業などの第1次産業が3.4%、製造業などの第2次産業が7.8%、サービス業などの第3次産業が8.3%となっている。やはり農業の生産性が低く、都市部と農村部の格差は縮まりそうにない。政府はその対策として、都市よりも地方の固定資産投資を大幅に増やしている。

内容をみると、鉱工業生産は9.5%の増加。前期を0.4ポイント下回った。輸出は前年比18.4%の増加で立ち直り気味。固定資産投資も20.9%増と、相変わらずの高水準を維持した。しかし個人消費が徐々に減速し、小売り売上高は12年の14.3%増から1-3月期には12.4%増に低下している。

物価は落ち着いてきた。3月の消費者物価は前年比2.1%の上昇、食料品も2.7%の上昇にとどまっている。しかし住宅など不動産価格の高騰は、政府の抑制策にもかかわらず依然として収まる気配がみられない。このため一段と強力な対策が実施されるのではないかという観測が強まっている。これを嫌気して、上海株式市場の総合指数は先週まで3週連続の下落となった。


                                   (続きは明日)  

    ≪15日の日経平均 = 下げ -209.48円≫

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.