FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 貿易赤字国になった 日本 ⑬
2013-04-27-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 貿易黒字は当分ムリ = 日本の対外収支は、今後どうなるのだろう。結論から言うと、貿易収支が黒字の状態を取り戻すことは当分の間むずかしい。アメリカや東南アジア諸国の景気が回復に向かい、中国やEUの経済も底入れしつつある。このため輸出は確実に伸びるだろう。だが高水準の輸入には、とても追いつけない。12年度の輸出は63兆9000億円、輸入は72兆1000億円。その差は8兆2000億円もあった。

輸入が増大している最大の要因は、何度も指摘しているように発電用の燃料輸入が急増していること。たとえば12年度のLNG(液化天然ガス)の輸入額は、円安の影響もあって前年度より14.9%も増加した。したがって13年中に複数の原発が再稼動されれば話は別だが、その見込みはいまのところ薄い。

所得収支は恒常的な黒字を期待できる。特に配当や利子の受け取りが多い月は黒字が拡大して、貿易・サービス収支の赤字を埋められるかもしれない。しかし赤字を埋め切れない月も出てくると考えられる。この結果、経常収支は黒字と赤字を繰り返し、ことしは年間を通しては多少の黒字に終わるのではないか。

言うまでもなく、対外収支の赤字は日本の購買力がそれだけ海外に流出することを意味する。国内の企業や個人は、たとえば電気料金の支払い増加という形で購買力を失っているわけだ。その結果、景気はそれだけ足を引っ張られる。海外の日本経済に対する信頼感にも悪影響が出かねない。好ましい状態でないことは確かである。 


    ≪26日の日経平均 = 下げ -41.95円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.