FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- シェール革命の衝撃 ③
2013-05-18-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 東西南北で開発ラッシュ = シェール・ガスの商業的な生産は05年ごろ、アメリカ東部のニューヨーク州とペンシルベニア州にまたがるマーセラス地方で始まった。その後、南部のテキサス州・ルイジアナ州や西部のカリフォルニア州でも本格化し、現在は北部のカナダ国境に近いノースダコタ州が開発の最盛期を迎えている。

これらの開発拠点は、いずれも10年前には住宅もまばらな過疎地だった。そこに現在は巨大な住宅団地、病院、商業施設、工業団地が立ち並び、建設ラッシュに沸いている。ノースダコタ州のウィリストン地方は、この2年で人口が2倍に。失業率は0.7%。ノースダコタ州のガス生産量は5年で5倍になったという。

影響は周辺地域にも及んでいる。ルイジアナ州では、ガスを冷却してLNG(液化天然ガス)を造る大規模な基地を建設中。テキサス州ヒューストンでは、シェール・ガスを原料とする石油化学工場が続々と出現。また港湾では、これまでLNGの輸入に使われていた設備を輸出用に改修する作業も進んでいる。テキサス州の失業率は、10年の8.2%が12年には6.8%に低下した。

鉄鋼業界は、シェール・ガスで鉄鉱石を還元する直接還元炉を新設中。電力会社も、ガスによる火力発電所を建設している。さらに自動車産業も、燃料にシェール・ガスを使うクリーン車の開発に手をつけている。このようにシェール革命は、一次的な波及効果だけでもきわめて大きい。専門家は「シェール・ニューディール」という言葉を使い始めた。

                              (続きは来週サタデー) 


    ≪17日の日経平均 = 上げ +100.88円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.