FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
設備投資に回るか / 企業の増益
2013-05-01-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 今年度は2ケタ増益の見通し = 連休前までに、主要企業の約1割が決算発表を済ませた。日経新聞の集計によると、これら129社の12年度決算は経常利益が5%の増益。さらに13年度の見通しは28%の増益になる。これから残り9割の企業が続々と決算を発表するが、日経新聞では13年度の経常増益率が最終的にも2-3割に達すると予想している。

増益の原因は、まず円安の進行。多くの製造業は1ドル=90-95円の為替レートを想定しているが、現状の円相場は100円の大台を目前に足踏みしている。この為替差益が大きい。特に自動車産業は、その恩恵をフルに受けている。大和証券の試算によると、100円の相場が続いた場合、主要企業の13年度の経常利益は45%増になるという。

次に株高。日経平均株価は、昨年11月半ばからこの連休前までの間に5200円、率にして約6割上昇した。この資産効果で、高額品を中心に個人消費も堅調に推移している。このため内需関連企業の業績も、全体としては上向いた。輸出関連企業だけでなく内需関連企業にも、最高益を更新するところが出始めている。

今後の注目点は、企業がこの利益をどう使うかだ。設備投資に使えば、機械や建設業界に新たな需要が生まれる。雇用も増えて、就業者の所得も増加する。仮に企業が利益を社内に溜め込んだり、不動産や金融投資に使えば景気の好循環は期待できない。この点がアベノミクスの成否を左右する重要なポイントになってくる。


    ≪30日の日経平均 = 下げ -23.27円≫

    ≪1日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.