FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-05-12-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第13章 都市鉱山って、なんだろう? ②

◇ みんな特技の持ち主 = 貴金属のうち家電に使われているのは、金や銀、プラチナやインジウムです。みなさんも、金はネックレスや金貨で知っているでしょう。この金は電気をとても通しやすいので、配線の重要なつなぎ目にちょっぴり使われるのです。いま世界では年間300トンの金が、こうした工業用に使用されています。

レアメタルというのは49種類。ニッケルやチタン、リチウムやパラジウムという名前は聞いたことがあるでしょう。また17種類のレアアース(希土類)も含まれますが、セリウムやランタン、ネオジムなんていう名前は、ほとんどの人が知りません。しかし、これらのレアアースはどれもが素晴らしい特技を持っているのです。

たとえば鉄やアルミなどに混ぜると、強度が飛躍的に増大して錆びにくくなる。また他の素材と混ぜ合わせると、電気を通しやすくしたり、磁石の力を強くする。あるいは電池の容量を増大したり、排気ガスを少なくしたり。みなさんが毎日使う携帯電話やスマホのタッチパネルも、インジウムがなければ作れません。電気自動車もLED照明も作れないのです。

こんなに大切な貴金属やレアメタルですが、日本ではほとんど産出されません。いろいろな国から輸入していますが、最近は世界的に需要が増えており、値段もかなり高くなってきました。それなら“都市鉱山”から回収しよう。こういう考え方が、やっと強まってきたわけです。

                                (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.